看護師としてどう働くかを考える

看護師の仕事と年齢

ナースという仕事は、定年が定められていない仕事です。そのため、本人と職場が希望をすれば、高齢になってからでも働くことができる仕事だと言えるでしょう。
ブランクから看護師パートとして復帰

生涯資格であることに魅力を感じて看護師を目指す人も少なくないようです。 ただ、病院ごとに定められている定年というのはあるはずなので、その病院で定められている定年まで働くことができるように体力作りにも取り組んでみるといいですね。

多くの病院では65歳という定年を設定している場合が多いですが、中には60歳までとしているところもあるため、これは一概には言えません。 定年近くまで働くとなると役職についている人が多いのですが、全ての人が役職に就くことができるわけではありません。

役職といってもポジションの数には限りがあるので、他の若い看護師と変わらない立場で働くことになる人もいるでしょう。 医師の場合は個人開業医として新しい道を歩む人もいますが、看護師の場合は独立するのが難しいので、この選択肢は難しいかもしれません。

ただ、自分自身で独立することが難しかったとしても、個人開業医についていくという選択肢がありますよね。 病院で長く一緒に勤めていた医師が開業をすることになった際、開業先の病院で一緒に働いてくれないかと誘われるのは珍しいことではありません。

特に長く一緒に働いてきた人ならお互いのことを理解しているので、開業先の病院でもスムーズに仕事をすることができるでしょう。 個人開業医のいる病院では年配の看護師が働いていることも多いですが、大手の病院に比べると個人の意見も通りやすく、働きやすい環境作りができるようです。

歳を取ってから大きな病院で働くのは難しいと感じているのなら、早いうちに個人開業医の元で働き始めるという選択肢もあります。 看護師の仕事はとてもハードであるため、歳をとるほど大変になると言われますが、生涯資格であることを活かして働きやすい職場探しをしましょう。


看護師系の資格と種類

看護師といえば、医療に関する様々な仕事をサポートする人というイメージが強いと思いますが、一口に看護師といっても資格は1つだけではありません。 いくつかの資格があるので、キャリアアップのためにも自分に役立ちそうな資格を探して取得をするのもいいですね。

まず、看護師といえばコレ、という資格が「正看護師」です。 国家資格となるため、この資格を取得するためには国家試験に合格をする必要があります。 正看護師の資格を持っていると医師の指示がなくても自分で判断をして業務を行うことができます。

それから、「准看護師」という資格もあります。 正看護師の資格が国家試験であるのに対し、こちらは都道府県資格に該当するのが特徴です。 そのため、国家試験を受ける必要はありません。

正看護師の資格を取得するための道のりは長いですが、できるだけ早く現場で活躍したいと思っている人の中には、准看護師の資格取得からスタートする人も多いです。 ただ、正看護師とは違って医師の指示がない限り医療業務を行うことができません。 正看護師に比べるとできることが限られてしまうということを理解しておきましょう。

次に、「専門看護師」という資格もあります。 こちらは看護師の一歩上の資格としても知られており、資格取得の難易度は非常に高いです。 看護師として5年以上働いている人でなければ受験資格を得ることができないので、看護師としてキャリアを積んだ人のための上位資格だと言えるでしょう。

「認定看護師」という資格は、管理職としても役割も任せられる資格として知られています。 1度取得してしまえば一生有効という資格ではなく、毎年更新をしなければなりません。 そのため、常に向上心を持って業務にあたっていることの証明になる資格だと言えるでしょう。

最後に、患者の家庭を訪問して仕事をしたいと思っている人におすすめなのが「訪問看護師」という資格です。 入浴介助なども行うことになるので、ただ看護に関しての治療があるだけでなく、高いコミュニケーション能力も求められます。